• 犬山城
  • inuyamajo-1
  • 桜と犬山城
  • 木曽川うかいと犬山城
  • 夜の犬山城
  • 木曽川と犬山城
  • 「犬山観光特使」ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんと犬山城

名城は戦国合戦の舞台

国宝犬山城は、室町時代の天文6年(1537)に建てられ、天守は現存する日本最古の様式です。木曽川のほとりの小高い山の上に建てられた天守閣からの眺めはまさに絶景。周辺には犬山城下町の古い町並みや、多くの観光施設があります。ぜひ歴史の荒波を生き残った、国宝犬山城をご覧ください。

名称
:国宝 犬山城
通称
:白帝城
立地
:平山城
天守構造
:望楼型・三層四階地下二階・複合式天守
天守の高さ
:約19m
築城年
:天文6年(1537)
築城者
:織田信康(織田信長の叔父)
廃城年
:明治4年(1871)
指定文化財
:国宝(天守)
主な城主
:織田氏・池田氏・石川氏・成瀬氏
所在地
:愛知県犬山市犬山北古券65-2

最新情報

三連休の混雑情報

更新日
2014年11月18日

最新情報一覧